借り入れ審査

住宅ローン借り入れ審査に通りやすい条件としては、正社員である事。他社の消費者金融機関などから借入を行っていない事
不必要なクレジットカードを持っていない事。
そして、一番重要視されるのが、個人信用情報機関に返済の延滞、遅延とうの事故情報が登録されていない事、という事があげられます。

まず、住宅ローン借り入れ審査を申請するにあたって、大体の人は、正社員でなければ融資を受けられないのではないか?という不安はつきものですよね。
貸付を行う側は、安定的に継続した収入が見込める人を対象に融資を行いたいのは紛れもない事実です。
そのため自営業の方でも、いくら毎月の売り上げが上場であると言ってもいつどのような経済状況になるか想定することも出来ませんし、暇な時期や忙しい時期もあります。
契約社員や派遣社員も時間給であったり、企業側の業績が悪化してしまえば、派遣切りや契約切りという事にも成りかねません。
その為、継続して、勤続が出来る正社員が審査に通りやすいという事になるのです。
他社の消費者金融機関に債務がある場合は、住宅ローンと並行してローン返済することになります。

住宅ローンでさえ、家計的に負担をかける事であるのに、他に借金があるとなると、多重債務となり、今後の生活の安定が図れないと言うことも考えられます。
その為、貸し付けを行う側は、この借金を完済してからではないと審査には通す事が出来ないと判断する場合もあるのです。
またクジレットカードですが、クジレットカードでキャッシングやショッピングをしていない場合でも、ショッピングの与信枠が借金としてみなされる場合もあります。
クジレットカードを所有していれば所有しているカード枚数分の与信枠が借金としてみなされます。

与信枠が30万円のカードが3枚あるだけでも借金が90万円あるとみなされる事もありますので、不必要なカードは解約しておきましょう。

このクレジットカードの所有の情報は、個人信用情報機関でも登録されてあるため、虚偽の申告をしても必ずばれてしまいます。
また、過去のローン延滞や遅延などの情報は完済しても5年間は事故情報として登録されていますので、過去5年間に返済事故等がある場合は借り入れ審査に通る事は非常に難しいですので、期間を設けて再度借り入れ審査を行いましょう。
住宅などはタイミングで、良い物件が現れるものです。
キャッシングを普段利用する人は、本当にここぞという時に銀行の借り入れ審査に通らないという事がないように、返済は毎月キチンと計画的に行いましょう。

関連リンク

正しく理解 借り入れ審査
キャッシングを普段利用する人は、本当にここぞという時に銀行の借り入れ審査に通らないという事がないように、返済は毎月キチンと計画的に行いましょう。
有価証券を持っているなら
有価証券を担保にして借入できるのが証券担保ローンで、担保があるローンのメリットは、無担保ローンよりも金利が安いということです。
ムリなく返済ができるのかどうか確認
お金を借りるなら、シュミレーションをして、ムリなく返済ができるのかどうか、自分で確認しておく必要があるでしょう。
必要最小限だけ借りるように
ブラックリストに載る内容としては、約定返済日より3カ月以上返済が遅れている、3回以上返済が滞っている、自己破産や任意整理などの手続をしたことがある、代位弁済に切り替わったなどです。
グレーゾーン金利は廃止
利息制限法では上限金利が定められていますが、同じように出資法でも上限金利っていうのが適用されていたので、その間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれ、これで消費者金融は大きな儲けを出していたそうです。
お助け的融資
住宅ローンで融資を受けられるまでの間に、契約金の支払いがある場合、別枠で融資を受けることです。目的は、住宅ローン融資まで待てない場合のお助け的融資ってことです。
住宅ローン減税で所得税や住民税を減税
住宅ローン減税とは、住宅を購入した場合、住宅ローンを利用することで税額が控除されるというものです。
低金利で安心感もある、銀行や信用金庫での借入
銀行や信用金庫での借入なら、低金利でもあるし安心感もありますが、消費者金融などと比べると、審査が厳しく、時間がかかるというデメリットがあります。
信用保証協会の保証が付いている融資
マル保融資とは、信用保証協会の保証が付いている融資のことで、中小企業向けの融資ですが、国民生活金融公庫の融資を無担保・無保証で受けるため、商工会議所が斡旋してくれます。