グレーゾーン金利の範囲

キャッシングで一番気になるのは利息ですよね。
利息制限法では上限金利が定められていますが、同じように出資法でも上限金利っていうのが適用されていたので、その間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれ、これで消費者金融は大きな儲けを出していたそうです。

このグレーゾーン金利の範囲は、利息制限法で定められている3段階の金利から、出資法の上限金利である29.2%までの間だったんですね。
なぜこの間がグレーゾーンなのかというと、利息制限法の上限金利を超えた場合でも、債務者が任意で支払うなら有効であるという曖昧さがあったから。
でも今ではこのグレーゾーン金利も見直され、廃止となっているので、29.2%という高金利を適用することは、できなくなったんです。
それに、上限金利を超えた金利を払わされている場合には、過払い請求ができ、今まで払い過ぎていた金利分が戻ってくることもあるとか・・。

消費者の負担が少しでも軽くなるように、そしてヤミ金業者の悪質なビジネスに歯止めをかけるように、グレーゾーン金利は廃止されたんですね。
だけど・・グレーゾーン金利が廃止されても、他にまた色々と問題は出てきているようで・・。
金融の世界って、すっきりと問題解決するのがほんと難しいですね。

参考サイト

みずほ銀行カードローン審査!借り入れ申し込み…こちらなら銀行系のカードローンなのでグレーゾーンを気にすることなく安全に借りることが出来ますよ。