住宅ローン減税とは

住宅を購入すると、莫大な出費になってしまいますよね。
だから普通はローンを組んでなるべく負担のないように購入しますが、その時に覚えておきたいのが住宅ローン減税です。

住宅ローン減税とは、住宅を購入した場合、住宅ローンを利用することで税額が控除されるというもの。
住宅ローン減税は、新築住宅を購入した時だけではなく、住宅の増改築などに要した費用も、条件さえ満たしていれば、受けることができるそうです。
実際に住宅ローン減税の申告をするのは、入居した翌年で、初年度に税務署に確定申告をしておけば、会社員なら2年目以降は年末調整で減税されることになります。
少し手間ではありますが、少しでも住宅ローンの負担を減らすためには、必要な申告ですよね。
住宅ローン減税って、住宅に入居する時期によっても控除額が変わってくるようですね。

それに建物の種類によっても控除額に差があるとか・・。
住宅を購入する時には、そういうこともちょっとだけ念頭に置いておくと、少し負担が軽減することもあるかもしれませんね。
住宅ローンってかなりの負担ではあるけど、住宅ローン減税で所得税や住民税を減税してもらって、住宅ローンによる負担を少しでも軽くしてもらわないとね。


ローンについての参考サイトはこちら

じぶん銀行カードローン審査!即日融資申込み
人気のじぶん銀行カードローン。その審査ポイントとは?
借りたい人は必見!審査を通過するための3つのポイントを紹介しています。
www.ginkou-cardloan-shinsa.com/